ゲーミングマウスRazerのDeathadder Elite買ってきた

こんばんは、りせきちです(@lisekichi)

今年ももう終わりかと思うと早過ぎだなぁと思いますね。個人的に色々とあった1年だったので今年は節目の年でした。

そんな節目の年を終えるので、来年に向けてゲーム環境も一新しようって事で今月23日に発売されたばかりのゲーミングマウスのRazerのDeathadder Elite買ってきました。

以前に使用していたマウスもDeathadder3500でまたデスアダーかよって自分でも思ったんですけど、秋葉原のツクモex店頭で触ってみた感じ良かったのでつい買ってきちゃいました。

個人的に久々のマウス買い替えなので旧Deathadderとの比較をするとやっぱりたくさんの改善ポイントがあります。

ちなみに注意事項ですが、

※Deathadder3500との比較なので直近の2015chromaとの比較では無いので注意です。

Deathadder Eliteはここが違う

本来ならここ最近のDeathadder 2015 Chromaと比較したほうが良いとは思うんですが手元に無いので3500との比較です。意味があるのか無いのかと言われるとアレですけどたぶんあると思う。

Deathadder 3500

これが長年使ってきたDeathadder 3500

この3500は全体的にラバーなんですが、使用期間が長くなればなるほど、落ちない手垢や汗や汚れが目立つし、ティッシュなんかで拭くとティッシュのカスが付くし、埃がつきやすいものだったので気になってました。

ほとんど大きさ同じです。

左がDeathadder 3500、右がDeathadder Elite。Eliteの方が光沢ある。

パッと見はほぼサイズと形は同じです。Deathadder 3500はマウス全体の質感がラバーで持った感じ滑りにくい質感だったんですが、Eliteは全体的にサラサラしてます。画像だとわかりにくいかもしれないんですけど、新型の方が光沢があってサラサラ、旧型はマットな感じ。

全体的になんだか汚くてごめんなさい

全体的になんだか汚くてごめんなさい;

3500のサイドは全面プラスチックです。サイドにボタンは2つ。

再度には

Eliteのサイド

Eliteのサイドにはボタン2つは同じですが、一部ラバー加工があるので全体はサラサラしていてもマウス操作する際にしっかりグリップ出来る配慮がされています。

これが意外と手にフィットして気持ちいい。

Eliteに寄ってみました

Eliteの一番の違いでしょうか

そして今まで一番異なる点はマウスのホイール下にボタンが2つ追加されました。これが大きい変更点の1つだと思います。ホイールも作りが異なり、Eliteはオフロードタイヤみたいなブツブツ付いてます。滑りにくい加工

この仕様は通常のDeathadder 2015 Chromaには無いので大きな違いですね。

Deathadder Elite

Deathadder Elite

おおまかにはパッと見の違いはこういった部分になります。光についてはChromaと同じ仕様だと思います。

カスタマイズ全般はRazer Synapseで

設定はRazerのHPでダウンロード出来るRazer Synapseから設定可能です。

 

RazerIDを登録してっていう仕様だったと思うんですが特に面倒でも無いので無料だし活用するのが便利でいいと思います。

左下に接続されている機器が表示されカスタマイズしたい機器を選択すると設定可能です。

左下に接続されている機器が表示されカスタマイズしたい機器を選択すると設定可能です。

マクロやLEDの設定、ボタンの割り当てなど細かくカスタマイズ出来ます。左下にもありますがRazer製品であれば一括してこのソフトで管理が可能になってます。

LEDの色を自由にカスタマイズできる。光具合も調節可能

LEDの色を自由にカスタマイズできる。光具合も調節可能

3500はブルーのLED固定だったんですけど、Eliteは自分の好みの色を自由に選べます。カスタム設定を選ぶと事細かに色指定出来ますよ。

また明るさの調整も「やや暗い」「ノーマル」「明るい」3段階で出来るようになってます。

光の効果は全部で4種類。消灯も可能です。

光の効果は全部で4種類。消灯も可能です。

あまり必要かどうか微妙なところではあるんですけどマウスの光の効果については4パターンの光り方を設定できます。

  • 呼吸音:ゆっくり点灯と消灯を繰り返す
  • 反応性:クリックした時だけ光が点灯しゆっくり消灯(消灯するスピードも決められます)
  • スペクトラムサイクリング:常時点灯でLED色がグラデーションの様に変わる
  • 静的:常時点灯のみ
  • なし:消灯
MAX16000DPIまで対応。ポーリングレートはMAX1000Hz

MAX16000DPIまで対応。ポーリングレートはMAX1000Hz

感度については、まだ購入したばかりなので何とも言えない所ですけどかなり精度良過ぎるし今のところ安定している感じはします。一言で言えば3500からのスペック向上ハンパないのは確かです。

特筆すべきは数値だけで見ればDeathadder Chromaの最大トラッキング速度の200IPSの倍以上Eliteがあること。またトラッキング解像度も16000DPIという点です。

まあ正直なところ、この数値を体感出来てるわけではないので普通にゲームするには必要以上のスペックなんじゃないかなぁと思います。FPSだと体感しそうな雰囲気ですけどたぶん一般的にはあまりわからないんじゃないでしょうか。

個人的には2015 ChromaとEliteの差額が1000円前後なのでそれならEliteにしとこうかなというところで選択しました。

マウスのクリック感について

個人的に気に入っている部分ですね。使い古した3500と比較するのは経年劣化してるだろうし、比較対象としてはあまりアテにならないとは思うんですけど、Eliteはクリックした時の感じがややメカニカルというか、カチッとする感じで気持ちいいです。

またHPにも記載がありますけど↓

激しいゲームプレイで不公平なほどのアドバンテージを提供するために設計された Razer DeathAdder Elite には、完全新設計の Razer™ メカニカルマウススイッチが搭載されています。この新しいスイッチは、その分野で世界市場をリードするオムロン社が設計に協力して生産され、ゲーミング用に最速の反応速度を実現し、最高5,000万クリックという驚異的な耐久性を得るために最適化・微調整されています。

引用元:Razer Deathadder Elite

5000万クリックはどうなのかわかりませんけど耐久性には自信がありそうな響きです。実際触れてみて確かにクリック感は良いです。

あとは実際に今後使用してみてどのぐらいの耐久性があるのか使い続けていこうと思います。

購入してみての感想

img_0603

ゲーミングマウスも各社から様々なスペックでかなりの数が発売されてますけど、ゲームをプレイする際に環境が変わるとやり難かったりと実際に使用してみないとわからない部分があります。

今回ボクの場合はデスアダーからデスアダーエリートなのでマウスを持った際に元々の形が同じなだけに大きな違和感無かったし、むしろ旧モデルからのスペック向上のみを体感する事が出来たのでほぼ満足です。

デスアダーを使用している方なら概ね満足出来るものになってるんではないでしょうか。

Razerはゲーミングマウスやキーボードを用途によってたくさん発売してるので、一度店頭で実際に触ってみて確かめる事を激しくオススメします。だいぶ印象変わりますから。

2 件のコメント

  • こんにちは。DeathAdder Eliteの購入を考えている者です。
    Eliteから追加されたマウスホイールの下にあるDPIを変更するボタンが2つありますが
    こちらのボタンにキーボードの機能やマクロ、プロファイルの切り替え等のボタンの割り当ては出来るのでしょうか?
    購入する時の参考にしたいので教えてもらえると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。
      RazerSynapse側のマウスのカスタマイズからキーボードの機能やマクロなど割り当て可能です。





      デフォルトでは感度に設定されてますが、試しにキーボード機能で設定しBF1プレイしてみましたけどちゃんとキーが割り当てられてました。ご参考までに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    りせきち

    人生は一度しかないらしいので今を生きていくをモットーに好きなこと、面白いと思ったことを書いてます。好きなものはFalloutシリーズとゲーム全般/steam/箱○/箱1/PS4/アニメ/自作PC/映画はオールジャンルですがスコセッシとスプラッタとゾンビが特に好き。音楽は洋Rock全般にHRHM/Emo/Punk/Screamo/HCとか色々、ライブ頻繁に行きます。