The 1975が気になってしょうがない

今回はTHE 1975。

ちなみにこのバンドめちゃくちゃ好きです、はい。色々と書きたい事もあるので後ほど。とりあえずバンドの概要を紹介。

The 1975というバンドは何者なのか

The 1975

左からロス、マシュー、ジョージ、アダム

The 1975(ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ)は、イギリスのマンチェスター出身の4人組。バンドメンバーの平均年齢は20代半ばぐらい。

Ross MacDonald(Bass)
Matthew Healy(Vocal/Guitar/Keyboard)
George Daniel(Drums)
Adam Hann(Guitar/Keyboard)

ジャンルについてはあまりカテゴライズ出来ない様な気もするので省略。EPのジャケットもPVもファッションもとにかくモノクロ、ひたすらモノトーン。最近ピンク。。

バンド名の由来については以下wikiから↓

マンチェスター育ちの幼馴染で結成。バンド名は、「トークハウス」、「スローダウン」、「ビッグスリープ」、「ドライヴ・ライク・アイ・ドゥ」など様々な変化を経て、最終的に「The 1975」となる。このバンド名は、フロントマンであるマシュー・ヒーリーが読んだ、ビート族(1950年~1960年ごろ米国社会に幻滅し、脱社会的放浪生活を送った若者たち)についての小説の最後のページに書いてあった「1975年6月1日」からとられた。

引用元:The1975 – Wikipedia

というわけで「The 1975」になったわけです。
バンド名たくさん変わってるけどネット上に当時の音源が残ってるので聞いてみるとDrive Like I Do時代は個人的にポストハードコア認定。なかなかエモい。

僕が聴き始めたきっかけ

このバンドと出会ったのは、普段からよく使っているidobi Radioっていうインターネットラジオ。いつも何か作業しながら流しっぱなしにしてる最中に「Sex」「Chocolate」が流れてきたのがきっかけです。

何よりも音楽は文章より聴いてもらうのがてっとり早いのでとりあえず↓

どうですか?、ひたすらモノクロ、モノトーン

この時点で何かピンと来る人は間違いなくEP4枚とアルバムも気に入るはずです。他にもたくさん良い曲があるので。

アルバム未リリースなのに日本でサマソニ出演&単独公演

彼らが注目されていたなぁと思うところはアルバムを未リリースなのにも関わらず日本で単独公演を行った事。「原宿アストロホール」が初単独ライブ。

そもそもサマソニで来日する経緯があったからこそ実現した単独公演だとは思うけど、アルバムをリリースしていない、日本デビューをしていないイギリスのバンドがサマソニにいきなり出演し、単独公演もやってって時点で色々な人たちからの期待度が高かったのがうかがえる。

僕はライブが決定する以前からライブを見たくてしょうがなかったんで来日決まった時はかなりテンション上がったのを覚えてます。

ちなみにこの時の単独(2013/8/14原宿アストロホール)はもちろん行ったのは言うまでもないですけど。

ライブはMusic For Cars EPの1曲目「Anobrain」が爆音で流れてスタート。
この日のライブは後日WOWOWでも放送。初単独ライブは日本での初ライブとは思えないほどオーディエンスとバンドとの一体感があって非常に良いライブでした。

当時のユニヴァーサルミュージックのツイート↓

そして個人的に忘れられないのがライブ終了後に急遽サイン会があったこと。

そんなことがあるなんて思いもしてなかったんでとりあえず何かサインしてもらうものをあれこれ探したんだけど、結局なんも見当たらなくてその結果がコレ↓

サイン

嬉しさのあまりすぐ写メ撮った

当時使っていたiPhone5の裏にメンバー1人ずつサイン書いてもらうという暴挙w

目の前で1975の面々が1人ずつこのiPhoneを回して書いてくれました。なんだかよくわからない贅沢さ加減ですw

サイン後、握手は駄目ってスタッフがアナウンスしていたんだけどマシュー君とジョージが自ら手を差し出してきたことで彼らがいかに素敵なイケメン達なのかがわかりました。

そんな1975の面々を見て「もう2度とこんなことないだろうなぁ」なんて思いましたが、2016年現在、残念ながらこういった事は無いです;

1975について思う事

そんな感じで彼らの初ライブ、そして初1975は最高な思い出として僕の記憶の中に残ったわけでこうしてブログの記事を書いてます。

当然、その後の再来日公演は観に行ったし、今年の1月の単独ライブも会社早退して観に行ったので、今のところサマソニを除いて来日公演は全て観に行ってる。それぐらいこのバンドに対する思い入れも強いので、少しでも多くの人に聴いてもらえたら嬉しいし、フェイバリットなバンドになれば幸いです。

色々なジャンルを包括してるバンドだし、ロックという括りで表現するには何か違うし、かと言ってお利口なバンドでもないしで。

良い意味でどんなバンドって聞かれてもとりあえず「イケメン」と答えるであろう、それが自分の思う「The1975」です。

記事を読んで興味を持った方はぜひとも聴いてみてください

これまでにリリースされた音源について

聴いてみようって思った方はDeluxe Editionを断然お勧め↓

Deluxe Editionは2枚組で1枚目は1stアルバム「The 1975」、2枚目はこれまでのEP「Facedown」「Sex 」「Music for Cars」「IV」の4枚を全て収録した内容になってます。アルバム単体で購入するのと比べたら断違いにお得。日本盤にこだわらなければAmazonで1800円ぐらい。

海外盤と日本盤の違いは日本盤にはボーナストラック2曲「Chocolate (acoustic ver.)」と「Sex (acoustic ver.)」が収録されてます。ただ、この2曲はiTunes Storeでも配信されてるのでどうしても聴きたいと思ったら単体でダウンロードもありかなと思います。

ちなみにおすすめは「City」「Settle Down」「Head Cars Bending」「Falling For You」「Chocolate」「Haunt // Bed」「Talk!」「Sex」「Undo」「Robbers」ってキリがないんでやめときます。

関連リンク


The 1975
Official website featuring news, live dates, photos and more.
The 1975 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
ユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。The 1975の最新ニュース、新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。
The 1975(@the1975)さん | Twitter
The 1975 (@the1975)さんの最新ツイート。Manchester

ABOUTこの記事をかいた人

りせきち

人生は一度しかないらしいので今を生きていくをモットーに好きなこと、面白いと思ったことを書いてます。好きなものはFalloutシリーズとゲーム全般/steam/箱○/箱1/PS4/アニメ/自作PC/映画はオールジャンルですがスコセッシとスプラッタとゾンビが特に好き。音楽は洋Rock全般にHRHM/Emo/Punk/Screamo/HCとか色々、ライブ頻繁に行きます。